PINARERELLO FP5

2012/3/9 (金) Posted in

自転車買取ネットの吉田です。:D

本日ご紹介の自転車は、PINARERELLO FP5 です。:hakusyu:

 

2008年モデルとして新発売されたフルカーボンロードレーサー「FP5 CARBON」は

ピナレロのグレードから見ればF3:13の後継モデル扱いとなりますが、使われるカーボンのグレードをアップすることで、

性能はかなり上がっている(メーカー談)ようです。

上位機種F4:13と同じ金型を使いカーボングレードを下げることで価格を抑えたのがF3:13で、

金型を共有する新型のFP5 CarbonはカーボングレードをF4:13と同じ30HMカーボンを使うことによりフレームは

高剛性で軽量化(フレームで50g、完成車で300g)をはたし、表面層のファイナルレイヤーのみグレードを下げて作られたカーボンフレームです。

ホビーレーサーからセンチュリーランやトライアスロンなどに参加されるようなサイクリストまで、幅広い層に満足していただけるモデルです。

実は自分(吉田)もこのFP5に乗っています。

感想は「良くできているな~」なのです。硬すぎない剛性感、路面にタイヤが吸い付く感じ、振動減衰性、低重心な走行安定性、走行中の音の静かさ、どれをとってもかなりレベルが高いのです。

アジア生産でゴツゴツしたどこにでもありそうなモノコック形状のカーボンフレームだと正直なところあまり気にもとめていなかったのですがこれが本当に「良くできている」のです。

完成車で36万円ですからコルナゴのCLX等も含め結構高価な完成車なのでフレーム販売しているモデルを

シマノ105あたりのコンポで組めばこれらの完成車の性能を超えることは簡単だと考えていました。フレームから36万円の完成車を組むのには20万円そこそこのフレームから完成車を作る必要があります。

しかしそもそも20万円そこそこのカーボンフレームが手に入れられなくなってきたのと、

仮にフレームがあって105やアルテグラコンポを使った完成車を作ったとしてもこの「FP5」を超えるのは容易ではないと思えてしかたがりません。

ホントに「無理」なような気がします。それぐらいの性能を持っています。FP5べたほめですいません。:gaaan:

フレームサイズ約530mmですので身長170cm以上の方にいかがでしょうか?

ご来店お待ちしてます。:oyaji:

Post a Comment